沿革

1995年4月調布養護学校の親、教員有志で知的障害者福祉施設開設を目標ににじの会を結成する。
1996年12月社会福祉法人にじの会設立準備会として発足する。
1998年11月施設予定地として三鷹市大沢1-6-3の国有地を予約する。
2000年8月東京都に知的障害者福祉施設開設事業計画書を提出する。
2001年10月東京都の認可により社会福祉法人にじの会を設立する。
2002年1月国より施設予定地を取得する。
2002年2月施設建設工事を着工する。
2003年1月施設建設工事を竣工する。
2003年4月知的障害者入所更生施設「大沢にじの里」、及び知的障害者通所授産施設「未来工房にじ」を開所する。
2003年6月「大沢にじの里」で知的障害者短期入所事業を開始する。
2005年6月三鷹市上連雀2-5-6の国有地をケアホーム用地として取得する。
2006年2月知的障害者ケアホーム「ケアホームにじ」を開所する。
2006年2月三鷹市下連雀3-6-24の借校舎に知的障害者通所授産施設「未来工房にじアート(分場)」を開所する。
2007年1月三鷹市大沢1-1-43の国有地を就労支援事業所用地として取得する。
2007年11月知的障害者就労支援事業所「ワークショップハーモニー」を開所し、就労継続支援事業A型・就労移行支援事業を開始する。
2008年10月「ワークショップハーモニー三鷹駅前店」の営業を開始する。
2009年4月障害者自立支援法の新体系事業に全面移行し、以下の事業を開始する。
「大沢にじの里」施設入所支援事業・生活介護事業「未来工房にじ」就労継続支援事業B型、「にじアート」生活介護事業
2009年10月三鷹市新川4-11-13の土地建物を取得し、生活介護事業所に改修工事。
2010年4月三鷹市新川4-11-13に「にじアート」事業所が移転する。
2011年4月「にじアート」で「にじアート児童デイサービス」事業を開始する。
調布市深大寺東町7-47-7の土地をケアホーム・ハーモニー分場用地として取得する。
2012年4月知的障害者ケアホーム「ケアホームにじの森」を開所する。
「ハーモニーガーデン」の営業を開始する(「ワークショップハーモニー三鷹駅前店」を移転)。
2013年12月 指定特定相談支援事業「にじネット」「にじアート」を開始する。
2014年2月 指定障害児相談支援事業「にじアート」を開始する。
2014年6月 三鷹市野崎1-17-11の土地を障害者グループホーム用地として取得する。
2015年6月 女性障害者グループホーム「にじの空」を開所する。

Copyright © Njinokai for Community Welfare All Rights Reserved.

Pagetop