News

2017年12月6日

平成30年1月27日(土)
第13回にじの会公開講座を開催します。
第13回にじの会公開講座

テーマ <生活介護事業の実践>

 にじの会は、設立17年目を迎えました。「住み慣れた地域の中に障害者が働く場と生活の場をつくりたい」との設立趣意で様々な事業展開を行って参りました。
 にじの会では大沢にじの里(三鷹市大沢)とにじアート(三鷹市新川)の2か所で生活介護事業を実施していますが、現在は従来の生活介護事業の目的(入浴、排泄、食事等の介護、創作活動、生産活動)から拡がりを見せ、意思決定支援に基づく社会参加活動へも活動の幅を拡げています。
 今回の公開講座では、コーディネーターを交えて3人のパネラーが生活介護事業の最新実践報告を行い、今後の生活介護事業に求められる活動のディスカッションを行う予定です。皆さまの御参加をお待ちしております。

日 時  平成30年1月27日(土)13:30〜16:00(開場13:00)
会 場  社会福祉法人にじの会 大沢にじの里 2階ダイニングルーム

プログラム
1.実践報告とパネルディスカッション
  コーディネーター 社会福祉法人にじの会 理事 比企通男氏
 参加法人 
(1) 社会福祉法人武蔵野  デイセンター山びこ
(2) 社会福祉法人万葉の里 国分寺障害者センター 
(3) 社会福祉法人にじの会 大沢にじの里 
2.質疑応答

※駐車場はございませんので、公共交通機関にて御越し下さい。駐輪場はございます。

Copyright © Njinokai for Community Welfare All Rights Reserved.

Pagetop